« 憧れの生しらす丼 | トップページ | 豊郷探訪記 »

私がコミケに行く理由(わけ)

湘南から有明へ

幸運な事に新橋でコインロッカーの空きが1個だけあったので少し身軽になってゆりかもめに乗る。


お台場の某放送局は夏のイベント期間中でお客が一杯。近くの駐車場も一杯。絵が描いてある車もチラホラと。


時間がそれなりに経過しているので比較的スムーズに入場。人波を掻き分けて進むと目的の場所へ。今日は女性向けのサークルが多い気がしました。


そして現場到着。置いてある同人誌をパラパラと確認して購入。購入時に対応してくれた小柄な女性に「ぷろとん先生ですか?」と聞いてみたらご本人だった。 


アイマスの同人誌は3日目の日曜日らしいのだけど1日目の今日わざわざ来たのは公式でも漫画を描いておられるぷろとん先生が出展されているからなのです。私にとってぷろとん先生といえばアイマス漫画の方よりも花とゆめの冷蔵庫物語の人というイメージが強いのです。なので直接お会いしてみたかったのです。


昔花とゆめで冷蔵庫物語読んでましたと言うと少し驚いておりました^^ 今はザ花とゆめという季刊誌に描いていると教えてくれました。最後のほうから3ページぐらい捲ると載っているとも教えてくれました。


同人誌販売会は作り手の人と直接会えるというのがポイントですね。とりあえず目的1が達成できて良かった( ̄▽ ̄) 


あとはぶらぶらと回ってみて企業ブースのある上の階へ。上って行くとそこは行列の詰め合わせ状態。目的2のゲーマガ編集長の黒い人は残念ながら見当たらなかった。今の流行は全く分からないけどけいおん人気は未だ健在だったのは分かった。
148


|

« 憧れの生しらす丼 | トップページ | 豊郷探訪記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521740/49184694

この記事へのトラックバック一覧です: 私がコミケに行く理由(わけ):

« 憧れの生しらす丼 | トップページ | 豊郷探訪記 »