« Japan PopCulture Festival in THE IDOLM@STER STATION!!! | トップページ | 今必要なもの »

涙のわけ

公開録音の続きなどを

イベント開始前にランカ・リーとシャア・アズナブルのコスプレした司会の方が前説に登場。シャアの人が松竹所属のシャア芸人ことぬまっち氏だった。初めて見た。


少し長い前振りの後に原さんの登場の後に今井さん沼倉さんも登場。寒さ対策をしてあったせいか皆さん温かそうな服だった。
内容は掻い摘んだところを。


驚きだったのはアイマスステーションの前身のアイマスレディオの時代から大阪で公開録音イベントをしたことがなかったそうな。ライブの中で何度かやっていたと思うけど単独ではなかったようですね。


貴音の新曲の「風花」を披露。別に原さんがその場で歌うというわけでもなくCDを掛けてみんなで聞くいう趣旨。パーソナリティの3人がテーブルに座ってお客さんと一緒に聞きながらそれを見ているという不思議な構図。生歌ではないけれど大きなスピーカーから大音量で聞くというのは迫力があります。全身に振動が来るわけですからね。

原さんが楽しみにしていた関空の王将というのは勘違いで王将があるのは伊丹空港だったと言う落ち なんでやねん(笑)


そして楽しい時間も終わりイベント終了してお三方が帰ろうとしたところでサプライズな出来事が発生。千早のソロ曲の「眠り姫」をいち早く聞かせてくれるという。今井さん曰く千早を演じるために自分は声優になったのではないかと言い切るほどの曲なんだとか。圧縮したmp3の音源ではなくCDプレイヤーでぜひ聞いて欲しいとの事


曲が流れている間パーソナリティの皆さんはテーブルに戻って会場のみんなと一緒に聞いています。ですが「風花」のときは座りながら陽気に踊っていた今井さんが妙に大人しく沼倉さんも俯き加減で原さんも大人しく聞き入っていました。


かなり壮大な曲で大音量で聞くと迫力のある曲でした。と凡庸な事しか言えないのがもどかしい。


曲が終わってマイクで話す今井さんの声は掠れていました。沼倉さんの頬にも光るものが流れておりました。どうやら感極まった今井さんに引きずられたよう。


今井さんの中で色々とあったようですが、それを話してくれたことでこの曲は会場に居た人たちにとって特別な曲になったのではないでしょうか?


湿っぽくなったので最後は一生懸命明るく振舞ってなんとか終わりました。
役に掛ける情熱というか熱意みたいなのが伝わってきたそんな一幕でした。
248


帰りにブースの一つで一番くじを引いてみた。ガハラさんの頭大き過ぎません?
249


|

« Japan PopCulture Festival in THE IDOLM@STER STATION!!! | トップページ | 今必要なもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521740/50105345

この記事へのトラックバック一覧です: 涙のわけ:

« Japan PopCulture Festival in THE IDOLM@STER STATION!!! | トップページ | 今必要なもの »