« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月

機動戦士ガンダムAGE 第4部

久しぶりにブログ書いてみたり


ガンダムAGEを見て思ったこと
アセム・アスノの考え方 お互いの戦力を均衡にすれば疲弊していずれ戦いをやめるだろうという
ではそれまでに失われた命はどうなる?灰色の魔女と同じで考え方でとても危険だ。


キオ・アスノの考え方 戦場で不殺を実行し誰も殺さない殺させないという
周囲の事を何も考えていない。自分だけで全てを解決できると思っていてとても傲慢だ。


フリット・アスの考え方 ヴェイガンは殲滅すべしという
ヴェイガンも人間なので共存していくしかないだろう。アセムもキオもそれに気づいている。誰がフリットにそれを諭すのか?おそらくフリットと心を通わした彼女しかいないだろう。彼女の意思が宇宙に残っているのならそれも可能かもしれない。


ガンダムの根本にあるのは人と人の争い。それをどう描くのか?見極めたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »