« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

天覧競馬のこと

近代競馬150周年記念ということで今年の秋の天皇賞に天皇皇后両陛下が行幸啓有らせられました。


前回の時は松永幹夫騎手が牝馬ヘブンリーロマンスで勝ち両陛下の前で馬上から最敬礼して皆感動したものです。今年は外国人騎手が多いのでできれば日本人騎手に勝って欲しいと願っていましたが、ミルコ・デムーロ騎乗5番人気のエイシンフラッシュがダービー以来の勝ちを収めました。


少しガッカリしましたが、ウイニングランで戻ってきたデムーロの一連の行動に場内騒然となりました。なぜならデムーロは正面スタンド前に来ると下馬して(JRAの規定では馬の故障以外に下馬してはいけない決まりがあるのです)跪き両陛下に最敬礼をしたのですから。


あの瞬間誰もがデムーロの行動に心を奪われたことでしょう。勝ち負けに関係なく感動した場面を見られてホッコリした天皇賞でした。


ルーラーシップがもうちょっと頑張ってくれば尚良かったのですけどね(*´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資格試験のこと

今の自分には心に余裕がない。なので受かる確率が高いと思われる漢検を優先し、情報処理は今回断念することにした。時間は春からたっぷりあったはずだけど今更なのでもう何も言わない。


自分に対して失望する事に慣れっこになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凱旋門賞のこと

今年も日本競馬界の悲願は達成されなかった。今回は勝てるというか勝ったと思った人も結構いただろう、ゴール板の手前までは。勝った馬は牝馬なので負担重量が軽いかと思ったけど1.5kgの差しかなかった。3着との差は7馬身、オリビエ・ペリエと勝った馬を褒めるべきだろう。


オルフェーヴルは馬群の後方から直線大外一気に先頭に立つ、これは今までの日本のどの馬でもできなかったこと、誇っていいと思う。日本最強馬で勝てないからといって挑戦すること止めてはいけない。挑戦し続ければいつの日か夢は叶うだろう。


今回の事でラビットの重要性が知らしめられたと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まりの物語

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ公開初日に見に行ってみた。初回に行けばその日の時間が有意義に過ごせると思ったけどそうはいかなかった。なぜなら映画館に到着した頃には初回分は売り切れてたから。並んでいる間に他の予定との兼ね合考えた結果レイトショーのチケットを買って退散した。


夜出直すと6日の6回放映は全部埋まっていた。よく考えるとあの映画館で席の指定なんてしたことがなかった。常に自由席だったのに


テレビでやってた内容の総集編に新しいカットやOPを追加したもので話はほぼ変わってない。巴マミの変身シーンはやたら格好良くなってた。一番最初の夢がカットされていたのはワルプルギスの夜のデザインを変えているからと予想している。後半は少しは変えてくるんじゃないかなとも思っている。


なんでやたら混んでたかというとこれのせいだった。
Nec_0015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

INAC神戸レオネッサのこと

土曜日の2件目の予定、INAC神戸レオネッサの試合を見にいってみました。せっかくの3連休の初日大した予定もないし地元の英雄達の勇姿を見ておくのも悪くはないかと。実は観戦の本当の理由は別のところにあったのですけど


ホームズスタジアムはヴィッセル神戸入れ替え戦パブリックビューイング以来で会場前には結構人が集まっていました。チケットの一番安いホームゴール裏で観戦。ここで驚愕の事実が・・・


開始1時間前にスタジアムに入ったけれどかなりガラガラで人集まるのかなと心配しましたが、始まる頃にはそれなりに埋まってました。相手が千葉のチームだったせいかアウェイの観客は数えられるぐらいにしか入ってません。それでも最終的には5546人の観客数でした。これでも昔に比べれば格段に増えた人数なんでしょうね。


ビジョンに映し出される練習の光景は日本代表のメンバーを中心に映し出されていましたが、澤穂希や川澄奈穂美にはやはり華がある。


12:34試合開始 開始2分も立たない内にレオネッサゴール あまりにもあっけない得点。しかし5分も経たない内に追いつかれた。前半で5-1、後半開始早々に1千葉に点返されレオネッサは2点追加して7-2で試合終了。


見た感じ男子よりファールが少ない印象で見ている自分にはストレスが少ないと感じました。結構危ないパスがゴール前で両方に通るのでチェック甘すぎなんじゃないかとも思いました。一番気になったのはレフリーに反抗的な態度を見せた大野忍には少しガッカリしました。たくさんのお客さんの中で日本代表選手として大人気ない対応はして欲しくなかった。それ以外は地元のチームが勝ったので楽しめたかな?


実はこれのために見に行ったのです。しかし会場前のブースで配っていたので試合を見なくて貰えたという・・・
まあいいんだけどね
Nec_0013


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウリッツハイス美術館展

今日は連休の初日なので朝から頑張って行動してみた。予定では8:45上映開始の劇場版まどかマギカを見てからマウリッツハイス美術館展に行くという計画だったが映画館に行くと列の最後尾が地上に伸びている・・・ 地元の映画館は地下1階にあって地上階まで並ぶなんてありえないんですけどー すでに8時は締切で11時も締切寸前なのでレイトショーのチケット買って出直すことにした。朝からなんでこんなに人が集まっているかというと、先着で貰えるオマケのせいなのでした。オマケにしてはかなり豪華!


ということで予定変更して隣のマウリッツハイス美術館展へ、 夕方閉館間際に行けばゆっくり見られるかと思ったけど仕方がない。前売りチケットは買ってないけどJAFの会員は優待が受けられるというので敢えて買わなかった。フェルメール以外にもレンブラントやルーベンスとかヴァンダイクとかが掛かっていたけどそこは軽めでお目当ての真珠の耳飾の少女へ足を早める。絵は展示物の中間あたりに別室で飾られていた。実物を見た感想は思っていたより小さい絵という印象。真珠の耳飾りより青いターバンの方が印象に残る。


ちなみに絵のタイトルはフェルメールがつけたものではないらしくターバンを巻いた少女とも呼ばれていたが、小説や映画で有名になって今の名前が一般化したそうな。もう1回ぐらいは見たいと思う。


なぜこの絵にこだわるかというと、昔旅行に行ったときオランダのキンポール空港で6時間の待ち時間ができるという話になってその時にデンハーグまで行ってこの絵を見るという計画があったのです。結局は旅行会社さんの努力のおかげで待ち時間が2時間に短縮され計画もお倉入りとなったわけですな。


でも私は絵はその飾ってある美術館とセットで見るべきだと考えているのでいつか叶うならデンハーグで見たい。
Nec_0016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »