« 資格試験のこと | トップページ | 009 RE:CYBORGのこと »

天覧競馬のこと

近代競馬150周年記念ということで今年の秋の天皇賞に天皇皇后両陛下が行幸啓有らせられました。


前回の時は松永幹夫騎手が牝馬ヘブンリーロマンスで勝ち両陛下の前で馬上から最敬礼して皆感動したものです。今年は外国人騎手が多いのでできれば日本人騎手に勝って欲しいと願っていましたが、ミルコ・デムーロ騎乗5番人気のエイシンフラッシュがダービー以来の勝ちを収めました。


少しガッカリしましたが、ウイニングランで戻ってきたデムーロの一連の行動に場内騒然となりました。なぜならデムーロは正面スタンド前に来ると下馬して(JRAの規定では馬の故障以外に下馬してはいけない決まりがあるのです)跪き両陛下に最敬礼をしたのですから。


あの瞬間誰もがデムーロの行動に心を奪われたことでしょう。勝ち負けに関係なく感動した場面を見られてホッコリした天皇賞でした。


ルーラーシップがもうちょっと頑張ってくれば尚良かったのですけどね(*´∀`*)

|

« 資格試験のこと | トップページ | 009 RE:CYBORGのこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521740/55991404

この記事へのトラックバック一覧です: 天覧競馬のこと:

« 資格試験のこと | トップページ | 009 RE:CYBORGのこと »