« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

野中藍さんのこと

声優の野中藍さんが地元で開催されるマラソン大会に出場されるということで応援がてらに見に行ってみた。


うちから一番近いところはスタートから3kmの地点なのでバラけていないだろうし見つけられるだろうか?と考え悩んでいたところ、沿道沿いに野中藍と書いた襷掛けた小柄な女性が向こうから走って通り過ぎて行きましたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー


調べたところラジオ関西前でラジオ番組のスタッフとファンの皆さんが横断幕持って集結するとのネタを仕入れたのでハーバーランドへ移動。待つことウン時間、襷を掛けたその人がやって来ました。それまでにバテたランナーさんやら足を引きずりながら走る人がいるなかで野中さんは横断幕のファンの皆さんの前をぴょんこぴょんこと跳ね回って思った以上に元気な姿で通りすぎて行くのでした・・・(^_^;)


いろんな人の走っている姿にちょっと感動して自分もちょっと参加してみようかしら?と考えてみたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のアニメのこと

009 RE:CYBORGといい、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q といい、エウレカセブンao 完結編といい、なぜ視聴者に優しくないエンディングにするのか?なぜ1回見ただけでは理解できないようなお話にするのか?


答えを視聴者に求めるというのなら、もっとヒントなり解説なりよこせ
と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物

最近仕事にも慣れてきて精神的にも落ち着いてきたので計画していた買い物を進めることに

iPadmini ポイントが溜まっている家電ショップに行ったら注文だけで終わった。品薄で入庫は全くの未定だそうな そういえば街で持っている人まだ見たことない

anchor UC5 今週末にでも注文しに行く。色はまだ決まってない。赤は止めた。目立ちすぎるから。白は汚れが目立つけど未だに有力候補 後は緑か青のどちらか


イヤフォン オーディオテクニカのイヤフォンが引っかかって断線した。次の候補にSHURE SE215なんての考えてる。切れても線だけ変えられるらしいけどどうかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騎手武豊のこと

武さんが2年ぶりにJRAG1勝ったことがとても嬉しかった自分に驚いている。昔は毎週のように勝利騎手インタビューを受けてつまらないと感じていた自分がだ。マイルチャンピオンシップを勝ち未勝利のG1タイトルは朝日杯フューチュリティステークスを残すのみ。でも全G1制覇なんてダビスタのエンディングみたいでなんか嫌だな。まだまだ現役で頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敗北 其ノ貮

漢検2級合格ラインから13点足らずに落ちてた 万全を期す為に情報処理技術者試験捨てたというのにこの無様な結果。自分自身に失望した、それ以上に埋まらない溝に絶望してる、だけど次の試験では必ず受かってみせる 絶対に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敗北

今日e+からメールが来た 内容は申し込んだチケット用意できなかった、ごめんね
概ねこんな内容


年々厳しくなっているチケット争奪戦、自分は負けないというどこからくるのか分からない不思議な自信も崩れ落ちた。宏美さんや直美さんの名前がないからテンションもそんなに上がっていたわけじゃないけどやはりショックだった。


落ちるとコンテンツから拒絶されたような気がしてなんか落ち込む。気にし過ぎなんだろうけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叛逆の物語のこと

金土と斎藤千和さんの出てる映画を3本も見てしまった。 言うまでもなく009とまどかマギカの前後編


なぜ自分は魔法少女まどか☆マギカを面白いと感じるのか?その答えはいくつも思い浮かぶけれど説明できる形にならない。ただ単にMagica Quartetの作る世界に取り込まれているのかも知れない。難しいことは考えずに来年の続編を待つとしよう。今はそれで十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009 RE:CYBORGのこと

以前貰った009の割引券持って劇場へ行ったら使えないと言われた。 
なんじゃそりゃ?しかも映画の広報が活動の一環で配ってたチラシなのに


そんな些細なことはどうでもいいぐらいの内容だった、悪い意味で。世界の移り変わりとともにサイボーグ戦士の立場も変わってしまい、半分は母国(?)の諜報員や軍の下で活動してギルモア博士の元を去っていった。監督が攻殻機動隊の人なので009の設定に攻殻の設定を混ぜてる、そんな印象だった。フランソワーズの追加能力とかジョーの脳内彼女と脳内家族あたりが。


結局声とはなんだったのか?話の中で提示された謎は全く解明されないまま終わってしまった。ただフランソワーズのセクシーさとジェロニモ役の丹沢くんの声が格好良いという印象は残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »