« 2013年 凱旋門賞 | トップページ | キャプテン・ブラックシーガルの憂鬱 »

2013年 秋アニメ

ちょっと見た感想

キルラキル
勢いがあってなかなか面白そう


ガンダムビルドファイターズ
ランバ・ラルなおっさんがいきなり出て噴いた。
会話の流れで方向性は大体掴めました。プラモ狂四郎懐かしいなあ


勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
略して勇しぶ 今どきのラノベにありがちなやたら長いタイトル。最近は魔王さまがファーストフードで働いたり、勇者さまが家電量販店で働くのが流行りなんですか?
ころあずが出ているので見ている
LAWSONがあからさまに出ているはコラボ前提なんだろうな
なんか時代を感じます


ゴールデンタイム
2話は多分見ない


京騒戯画
ネットでは意味がわからないとご不満の声が続々と上がっているとか
まあ0話はダイジェストでもなんでもないから
あれでバッシングできるなんてすごい人たちだと思う、マジで


境界の彼方
けいおんの唯が中二病バトルを繰り広げているニュアンス
中二病バトルを本格化して組み込むと逆にシラケて感じるのは何故なんだろう?


ログ・ホライズン
SAOみたいなお話 はらみーが出ているので見てる 結構良いキャラ引きましたね


視聴予定は14、5あるはずだけど1月以内には10ぐらいになっている・・・だろう

|

« 2013年 凱旋門賞 | トップページ | キャプテン・ブラックシーガルの憂鬱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521740/58342046

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年 秋アニメ:

« 2013年 凱旋門賞 | トップページ | キャプテン・ブラックシーガルの憂鬱 »